menu

ちょっと変わったお店

スーツを着ている男性

ゲイマッサージで癒やされる

日本という国は決して大きな土地の国ではありませんが、いろんな変わったお店があります。
その中には普通の人では理解をするまでにちょっと時間が必要なお店もあるわけです。今回特集するお店はそんなお店の一つです。
そのお店というのは、「ゲイマッサージ」のお店です。ゲイといえば男性が男性を愛することが一般的な意味ですよね。
最近はテレビやインターネットのメディアを中心にこの言葉の意味も広がっていきました。しかし、これを誰かに告白するのはゲイの方にとってはかなり勇気が必要なことです。もしかしたら、家族の関係が無くなってしまうかもしれませんし、友人だって失う可能性もあります。
でも、そのまま隠すだけの生活はその人にとっては大きなストレスといえます。そんな人も自分の気持ちを隠すこと無く、楽しめることができるのがこのゲイマッサージのお店になっているのです。このゲイマッサージのお店は普通のマッサージ店よりも特殊といえるので、数は多くありません。
特定の街にのみこのお店を確認することができます。特に探しやすいのは、首都である東京です。日本の中心ということもあって、いろんな人が仕事や観光でこの東京に訪れます。いろんな人がいるわけですから、それぞれで趣味も異なります。ゲイの方でも十分に楽しめるようにこのお店があるんです。


2つの言葉の微妙な違いとは

「ゲイ」という言葉は広まっていることは間違いありませんが、「ホモ」いう言葉もあります。
この2つはどのような違いがあるのか、皆さんはご存知でしょうか。実は使い方を誤ると、トラブルの元になりかねないのです。
ホモは男女関係なく同性同士の親密な関係のことをいいます。それをさらに分けるために男性同士をゲイ、女性同士をレズというのです。
また、ホモは差別的な表現と認知している人もいますので安易に使うことができません。実際、メディアなどの報道の仕方をしっかり観察していると、ホモという言葉はほとんど使われていません。また、メディアはよく「オネェ」や「オカマ」などの表現をしていることがありますが、ゲイとオネェの方も違います。ゲイは自分を男性だということを理解し、男性として生きているのです。対してオネェの方は中身も女にあこがれるような人のことをいいます。このように性別だけでもいろんな違いがあるので、一概に一緒にすることもできません。常人にとっては関係のないこととは思わず、そのような人もいるということを理解してあげることが大事になってくるのです。

理想のボディがここにあり

今回特集しているゲイマッサージのお店の男性キャストにはある特徴があります。それはほぼ全員が恵まれた身体で筋肉が十分に発達しているということです。太っていたり、か細い体格の人はいません。このような店員ばかりなのも理由が存在しています。
まず、結論からいうとゲイの方は「美」を求めるということです。美しい身体はゲイの方にとっては憧れのような存在であり、自分の理想といえるのです。そんな理想の身体に触れてみたいという気持ちが強くなり、この男性キャストが増えるのです。
同性愛者ではない人にとっても、異性に対しては何かしらの憧れのようなものがあるでしょう。男性であれば、相手の胸やお尻に魅力を感じて好きになる人もいますよね。それと同じような感覚といえばわかりやすいでしょう。ゲイの方も相手が男性なら誰でもいいということはありません。
やはり、自分の理想は大事にしたいと考えるものです。ゲイマッサージで活躍する男性キャストもお客さんに気に入ってもらうために、身体を鍛えている人が多く、常にキレイな身体を保っているのです。なので、マッサージもいいですがこの鍛えられた身体を生で見るだけでも価値があるともいえるのです。

情報一覧

タブレットを見ている男性

「美しい男性の心身ともに癒やされるゲイマッサージを体験しよう!」の情報一覧です。

read more »